EQTプライベート・エクイティとゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントによる買収について

パレクセル社をEQTプライベート・エクイティとゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントが買収へ

※本資料は、パレクセル・インターナショナルが2021年7月2日に発表しましたプレスリリースの和文抄訳であり、内容につきましては英語原文が優先されます。

【2021年7月2日(米国時間)米国ボストン、ノースカロライナ州ダーラム】世界の人々がより健康になるための革新的で新しい治療法の開発をサポートする、世界的ソリューション プロバイダーのパレクセルは7月2日、EQT IXファンド(EQT IX fund)(以下、EQTプライベート・エクイティ)およびゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント(Goldman Sachs Asset Management)(以下、ゴールドマン・サックス)のプライベート・エクイティ事業部門が、パンプローナ・キャピタル・マネジメント社(Pamplona Capital Management LP)から、パレクセルを85億ドルで買収する正式な合併契約が締結されたことを発表しました。

パレクセルのジェイミー・マクドナルドCEOは、「過去18か月間、パレクセルは、患者ファーストに注力し、世界中の患者さんが必要としている新たな治療法の開発を加速させ、堅調な成長を続けてきました。臨床試験のアウトソーシングサービス市場は、控えめに見積もっても年平均成長率(CAGR) 8~9%で成長すると予想されています。私たちは、臨床開発環境が進化する中、顧客のニーズに応えるため、パレクセルの発展と革新に継続的に取り組んでいきます。EQTプライベート・エクイティとゴールドマン・サックスは、このビジョンを支持し、この素晴らしい市場機会を活用し患者さんの健康により貢献することを目指し、パレクセルと当社従業員に投資することを約束しています」と述べています。

EQTプライベート・エクイティのパートナー兼ヘルスケア部門グローバル共同責任者のエリック・リウ氏は、「過去数年間、パレクセルを注意深く見守ってきましたが、同社の発展と軌跡に感銘を受けました。パレクセルへの投資は、ライフサイエンス業界に重点を置くEQTプライベート・エクイティのテーマと、社会にポジティブな影響を与える企業と提携するという当社の方針を反映したものです。パレクセルの次のステージに向けて、ゴールドマン・サックスとパートナーシップを組むことができ、また、パレクセルでの職務に就く前にEQTプライベート・エクイティのシニアアドバイザーを長年務めていたジェイミーやパレクセルのチーム全体を支援できることを嬉しく思います」と述べています。

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントのパートナーで、プライベート・ヘルスケア投資部門グローバル責任者のジョー・ナトーリ氏は、「ジェイミー・マクドナルド、パレクセル経営チームの全メンバー、パレクセルを支援するEQTと連携することを嬉しく思っています。パレクセルは、世界各地の大手製薬会社やバイオテクノロジー企業の顧客に卓越した臨床サービスを提供してきた優れた実績があります。今回の投資により、同社のグローバルな事業展開、強力な経営能力、広範なネットワークを基盤として、パレクセルの成長が加速されると確信しています。」と述べています。

パンプローナ・キャピタル・マネジメントのマネージング・パートナー、ジョン・ハルステッド氏は、「過去4年間のパレクセルの発展と、助けを必要としている患者さんにエキサイティングな新しい治療法を提供するという重要な仕事を非常に誇りに思っています。特に、世界的なパンデミックの最中にあって事業をうまく適応させ、COVID-19パンデミックそのものに対抗する治療法の開発を支援しました。彼らの次の成長段階での成功を願っています」とコメントしています。

ジェイミー・マクドナルドCEOは、「これまでのパンプローナとの提携はすばらしいものでした。パンプローナがオーナーとして、パレクセルの変革を主導し、支援いただいたことに感謝しています。」とコメントし、「この数か月の間に、私たちは転換能力と適応能力を発揮し、世界中のお客様に高い品質とデリバリーで優れた実績を達成しながら、新しい働き方を育んできました。 臨床開発の新時代を迎え、リアルワールド・エビデンス、分散型臨床試験、生物統計学、データマネジメントなどの分野で革新を求める顧客のニーズに積極的に応えていくために、また、当社が最大規模かつ最長の歴史を持つCROの一つとなっているアジア太平洋地域などの主要地域において顧客のニーズに応えるため、EQTプライベート・エクイティおよびゴールドマン・サックスと提携できることをたいへん嬉しく思います。私たちは、EQTプライベート・エクイティとゴールドマン・サックスの強力な業界経験の恩恵を受け、パレクセルが世界有数の急成長を遂げるCROの一つとしてさらに加速することを楽しみにしています」と語りました。

本取引は、規制当局の承認の取得など、慣習的な条件を前提としています。エバーコアはパレクセルの財務アドバイザーを務め、カークランド&エリス LLPは本取引に関する法律顧問を務めました。また、ゴールドマン・サックスおよびジェフリーズLLCは、EQTプライベート・エクイティおよびゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントの財務アドバイザーを務め、シンプソン・サッチャー&バートレットLLPは本取引に関して法律顧問を務めました。

パレクセル・インターナショナルについて

パレクセルは、世界中のライフサイエンス企業やバイオ医薬品企業が、科学的な発見を新しい治療法へと変換する手助けとなる様々なサービスを提供し、患者さんがより健康になるための革新的で新しい治療法の開発をサポートしています。パレクセルの臨床試験支援、薬事コンサルティング、そして市販後やマーケットアクセスにわたる高い専門性や高度なテクノロジー、幅広い疾患領域における能力と機能性は、パレクセルの強い信念によって支えられています。パレクセルは、2020年12月にインフォーマ・ファーマ・インテリジェンスの独立パネルによって「ベストCRO」に選ばれました。詳細については、websiteや LinkedInTwitterInstagramをご覧ください。

EQTについて

EQTは、26のアクティブファンドで670億ユーロ以上の運用資産を持つ、目的志向のグローバルな投資機関です。EQTのファンドは、ヨーロッパ、アジア太平洋、南北アメリカに投資先企業を持ち、総売上高は約290億ユーロ、175,000人以上の従業員を擁しています。EQTは、投資先企業の持続的成長、オペレーショナル・エクセレンス、マーケット・リーダーシップの実現に向けて取り組んでいます。詳細については、http://www.eqtgroup.com をご覧いただくか、LinkedIn、Twitter、YouTube、Instagram で EQT をフォローしていただくようお願いします。

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント・プライベート・エクイティについて

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントは、伝統的な投資とオルタナティブ投資を融合させ、世界中のお客様に献身的なパートナーシップと長期的なパフォーマンスに焦点を当てたサービスを提供しています。ゴールドマン・サックス(NYSE: GS)の主要な投資部門として、世界の主要な機関投資家、ファイナンシャル・アドバイザー、個人投資家に投資およびアドバイザリー・サービスを提供しています。ゴールドマン・サックスは、深く結びついたグローバル・ネットワークと専門家としての見識を駆使して、あらゆる地域や市場に展開し、2021年3月31日時点で世界全体で2兆ドル以上の運用資産を管理しています。ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントは、お客様のパフォーマンスに対する情熱を原動力に、信念、持続可能な成果、長期にわたる成功の共有に基づく長期的な関係の構築を目指しています。 ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントは、プライベート・エクイティ、グロース・エクイティ、プライベート・クレジット、不動産、インフラストラクチャーなど、あらゆるオルタナティブ投資に取り組んでいます。1986年に設立されたゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントのプライベート・エクイティ事業は、設立以来750億ドル以上を投資してきました。私たちは、グローバルなネットワーク、市場、産業、地域に関する独自の洞察力、そしてゴールドマン・サックスの世界的なリソースを組み合わせて、事業を構築し、ポートフォリオ全体の価値創造を加速させます。 LinkedInでフォローしていただくようお願いします

パンプローナ キャピタルマネジメント(Pamplona Capital Management)について

パンプローナ・キャピタル・マネジメントは、2005年に設立されたスペシャリスト投資家で、プライベート・エクイティやその他の多様な戦略にわたるオルタナティブ投資プラットフォームを提供しています。ニューヨーク、ロンドン、マドリッド、マルタにオフィスを構え、公的年金基金、国際的な資産運用会社、多国籍企業、ファミリーオフィス、ファンド・オブ・ヘッジファンズなど様々な顧客のために110億ドル以上の資産を運用しています。パンプローナは、公開市場と非公開市場の両方で、投資先企業の資本構造全体に長期的な資本を投資しています。

Previous Article
DCT推進へ投資を継続 ‐患者アドバイザー会も開催(薬事日報)
DCT推進へ投資を継続 ‐患者アドバイザー会も開催(薬事日報)

Next Article
4年連続でトッププロバイダーの評価(ISR社フェーズ1品質ベンチマークレポート)
4年連続でトッププロバイダーの評価(ISR社フェーズ1品質ベンチマークレポート)

CROフェーズ1品質において4年連続でトッププロバイダーの評価を獲得

×

お問い合せ

法人名
部署
電話番号
住所 - optional
お問い合わせ内容
Thank you!
Error - something went wrong!