NeoGenomicsと プレシジョン・メディシン分野における 戦略的提携を発表

※パレクセル・インターナショナルが2021年2月4日に発表しましたプレスリリースの和文抄訳であり、内容につきましては英語原文が優先されます。

パレクセル、ネオゲノミクス(NeoGenomics)と 精密医療(プレシジョン・メディシン)分野における戦略的提携を発表:

がん領域の臨床試験における試験デザインの改善と患者のマッチングを加速させる

~業界をリードするゲノムデータベースおよび、試験デザイン、施設選定、臨床試験のマッチング、トランスレーショナルリサーチを最適化するために設計されたリアルワールドエビデンスへのアクセスが可能に~

【2021年2月4日(米国時間)米国ボストン、ノースカロライナ州ダーラム】世界の人々がより健康になるための革新的で新しい治療法の開発をサポートする、世界的ソリューション プロバイダーであるパレクセル(パレクセル・インターナショナル、本社:米国マサチューセッツ州ボストンおよびノースカロライナ州ダーラム、最高経営責任者:ジェイミー・マクドナルド)とネオゲノミクス(本社:米国フロリダ州フォートマイヤーズ、最高経営責任者:ダグラス・ヴァン・オールト)は、本日、がん領域の臨床試験における精密医療(プレシジョン・メディシン)の応用を促進するための戦略的パートナーシップを締結したと発表しました。ネオゲノミクスは、がんに特化した遺伝子検査サービスとグローバルながん受託研究サービスを提供するリーディングカンパニーで、この提携により、リアルワールドでのゲノミクスデータを活用して患者のマッチングを加速し、試験デザイン、臨床開発、トランスレーショナルリサーチの最適化を目指します。

さらに、ネオゲノミクスとの提携は、各集団内でのゲノム突然変異の有病率の特定と推定、新しいバイオマーカーに基づいて患者を層別化するためのゲノムパターニング、患者集団を正確にターゲットにするための非同定患者データの利用など、様々な場面においてパレクセルのリアルワールドデータ活用を強化します。これらのデータは、より良い情報に基づいた臨床試験の実施可能性を示し、患者のマッチングを強化するだけでなく、ゲノムデータを臨床データや消費者データセットとリンクさせることで、ペイシェントジャーニーの全体像を把握できるよう設計されています。その結果、研究者は、一般的ながんから稀少ながんまで、突然変異を持つ患者を迅速に登録し、治療の成功の可能性を最大限に高める臨床試験につなげることができるようになります。

パレクセルのサイ・プレトリウス、臨床開発プレジデント兼チーフメディカルオフィサー(医学博士)は、「ネオゲノミクス社との提携により、我々の予測モデリング機能を強化することで、特定の患者さんを迅速に同定し、その患者さんに最適な治療法を提供する臨床試験につなげることが可能になりました。これにより、患者さんの病気への理解を深め、薬剤の効果と潜在的なベネフィットを特定することができます」と語りました。「このコラボレーションは、オンコロジー研究のためのデータ集団の同定において、より斬新なアプローチを採用しながら、患者さんをすべての中心に据えた私たちの取り組みを支援するものです」

ネオゲノミクスの会長兼最高経営責任者であるダグラス・ヴァン・オールトは、次のように述べています。「パレクセル社と協力して、当社の強固なゲノム・臨床データベースを提供することで、個々のがん患者さんの腫瘍タイプやゲノム・バイオマーカーを正確にターゲットにした臨床試験や治療法を提供できることを大変嬉しく思います。私たちは、がん領域における顧客のニーズに基づいた戦略的パートナーシップと、今後の関係拡大の機会に期待しています」

今回の戦略的パートナーシップにより、バイオ製薬企業の顧客は、試験デザイン、コンパニオン診断、リパーパス(既存薬剤の他治療への転用)に関するエビデンスに基づいた意思決定を行うことができるようになり、また、ゲノムデータを利用した外部対照群を構築することが可能になります。両社は、ラボサービスやバイオマーカー機能など、パートナーシップの範囲を拡大するための潜在的な機会を検討しています。

パレクセル・インターナショナルについて

パレクセルは、世界中のライフサイエンス企業やバイオ医薬品企業が、科学的な発見を新しい治療法へと変換する手助けとなる様々なサービスを提供し、患者さんがより健康になるための革新的で新しい治療法の開発をサポートしています。パレクセルの臨床試験支援、薬事コンサルティング、そして市販後やマーケットアクセスにわたる高い専門性や高度なテクノロジー、幅広い疾患領域における能力と機能性は、パレクセルの強い信念によって支えられています。パレクセルは、2020年12月にインフォーマ・ファーマ・インテリジェンスの独立パネルによって「ベストCRO」に選ばれました。詳細については、websiteや LinkedInTwitterInstagramをご覧ください。

NeoGenomicsについて

ネオゲノミクスは、がん遺伝子検査と情報サービスに特化し、世界で最も包括的ながん専門の検査メニューを医師に提供しています。また、医薬品サービス部門では、製薬企業のお客様に臨床試験や医薬品開発のサービスを提供しています。

米国フロリダ州のフォートマイヤーズに本社を置くネオゲノミクスは、フォートマイヤーズとタンパ、カリフォルニア州アリソビエホ、カールスバッド、サンディエゴ、テキサス州ヒューストン、ジョージア州アトランタ、テネシー州ナッシュビルにCAP認定・CLIA認定を受けたラボがあり、スイスのロールおよびシンガポールにCAP認定を受けた研究所を展開しています。ネオゲノミクスは、米国内の病理医、腫瘍内科医、学術センター、病院システム、製薬会社、統合サービス・デリバリー・ネットワーク、マネージドケア組織、ヨーロッパとアジアの製薬会社のニーズに対応しています。

Previous Article
RDD Japan 2021の協賛
RDD Japan 2021の協賛

パレクセル・インターナショナル株式会社はRDD Japan 2021の協賛企業(Sapphire Sponsor)です

Next Article
Best Contract Research Organization at the 16th Annual Scrip Awards
Best Contract Research Organization at the 16th Annual Scrip Awards

2020 Best CRO at the 16th Annual Scrip Awards

×

お問い合せ

法人名
部署
電話番号
住所 - optional
お問い合わせ内容
Thank you!
Error - something went wrong!