RDD Japan 2022に協賛しています

Rare Disease Day (世界希少・難治性疾患の日、以下RDD)は、より良い診断や治療による希少・難治性疾患の患者さんの生活の質の向上を目指して、スウェーデンで2008年から始まった世界最大の社会啓発イベントです。今年は106か国で開催されます。日本においても2010年から、毎年2月にRDD イベントが開催されています。パレクセルは、昨年に引き続き、RDD Japan 2022の協賛企業(Sapphire Sponsor)として参加しています。

RDD Japan 2022のテーマは「声はとどくよ、どこからも」-Finding, Learning, Sharing RARE communityー

RDDの目的は、世界中で、より多くの人々に、希少・難治性疾患のことや、その患者さんのことについての認識を高めてもらうこと。弊社においても、希少・難治性疾患のことについて、 “もっと知る・学ぶ” キッカケになることを願い、RDDに協賛しています。

RDD Japan 2022サイト:https://rddjapan.info/2022/

RDD Global公式サイト:https://www.rarediseaseday.org/

RDD Japan公式YouTube:https://www.youtube.com/c/RDDJapan

RDD2021Facebook:https://www.facebook.com/rddjapan

RDD2021 Instagram:https://www.instagram.com/rddjapan/ 

 

Previous Article
2022年カタリスト・アワード(Catalyst Award)受賞者に選出
2022年カタリスト・アワード(Catalyst Award)受賞者に選出

2022年カタリスト・アワード(Catalyst Award)受賞者に選出されました。パレクセル社は、2022年3月17日に開催されるカタリスト・アワード・カンファレンスにおいて表彰を受けます。

Next Article
パレクセル「一緒に仕事をしたいトップCRO」に選出
パレクセル「一緒に仕事をしたいトップCRO」に選出

調査対象のCRO29社のうち、治験実施施設が最も重視する35項目で最高の「エクセレント」評価を獲得 (WCGセンター・ウオッチ社実施のグローバル治験施設関係者ベンチマーク調査結果)